FC2ブログ

記事一覧

ワインセミナー研究コース 第3回 比較試飲

第3回はいろいろな比較試飲がテーマです。

まずはブルゴーニュの白ワイン。

ブルゴーニュのムルソーの生産者違い。

同じムルソーでも生産者によって味わいに差があるのがワインの難しいところ。

1.ムルソー レ・ヴィルウイユ2007ドメーヌ・ミッシェル・デュポン・ファン

淡い黄色

洋なしやはちみつの甘い香り

樽からのバニラ。

柔らかく、甘味を感じるふくらみのある味わい。

ミネラルのような堅さをあまり感じない。

典型的なムルソーを思わせるワイン。今飲んで美味しい!

P7130282 P7130284

2.ムルソー2007アラン・コルシア(ドメーヌ・マトロ)

ボーヌのネゴシアン「アラン・コルシア」コレクションで瓶詰めされたドメーヌ・マトローのムルソー。

1のワインよりやや薄い黄色。

パイナップルのような甘酸っぱい果実の香り。

ローストした木の香り。

1のワインに比べ、ミネラルを豊富に感じ、最初堅さも感じるが時間とと共に甘い香りが出てくる。

とても上質なワイン。これからの熟成が楽しみ。

P7130283 P7130285

続いてブルゴーニュの赤ワイン。

「アラン・コルシア」コレクションで瓶詰めされたドメーヌ・ジャック・カシューのワイン。

同じ生産者の同じヴィンテージの村違いを比較します。

ヴィンテージはまだ若いのですが2007年です。

3.ニュイ・サン・ジョルジュ2007ドメーヌ・ジャック・カシュー

まずはニュイ・サンジョルジュ

チェリー、プラムなど赤い果実のフルーツ。

ミネラル、酸、スパイス、鉄、などを感じ、しっかりとした構成を感じます。

P7130286 P7130288

4.ヴォーヌ・ロマネ2007ドメーヌ・ジャック・カシュー

香りにはやや甘いカシス、スミレの花。

味わいにも柔らかく甘い果実があり、優しさを感じるワイン。

産地としては隣で、村名でありながら違いがありますね。

どちらも美味しいワインでした

P7130287 P7130289

続いてドイツの甘口ワインの比較試飲です。

5.グントハイマー・ベルククロースター・シルバーナ・アイスヴァイン2008Weinhof Schreiber

まだ入荷したての2008年。葡萄はシルバーナです。

色は青みがかった無色に近い透明。

りんごやライチなどのすっきりとした爽やかな香り。

口に含むと、クリアーで広がりのある甘味。

酸もしっかりとあり、バランスがよい。

P7130290 P7130291_3

6.アイスヴァイン・ピノブラン・ラインヘッセン2006ヴァイングルト・オルド・ベッカー

同じくアイスヴァイン。

こちらは2006年、葡萄はピノブランです。

色は黄色、黄金色。

香りにははちみつ、カラメル、若干の熟成香。

5のワインはピュアな印象でしたが、6はより複雑な香りと味わいがあります。

P7140298 P7130292

7.オクセレーベ・ベーレンアウスレーゼ2005マルクス・クラウス

香りには甘い果実、白桃、パパイヤ。少しレモンのような柑橘系の香りもある。

甘味に酸がしっかりとあり、とてもバランスがよい。

P7130293 P7130294

8.オクセレーベ・トロッケンベーレンアウスレーゼ2005マルクス・クラウス

深みのある黄金色。

アプリコットや白桃、ジャム。

甘味の中に力強い酸があり 、奥行きのある味わい。

ゆったりとした時間のなかで味わうべきワイン。

とても美味しい!

P7130295 P7130296

とてもおもしろい比較試飲になりました!

普段は味わう機会の少ないアイスヴァインやトロッケンベーレンアウスレーゼなどの4種類の比較は実におもしろかったですね。

P7130297

次回はまた新たに9月からの3回コースになります。

参加ご希望の方はお早めにお申し込みください!   

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けんさん

Author:けんさん
こんにちは!群馬県の高崎で酒屋をしています。ワインセミナーやワインパーティ、酒蔵バスツアーなどの企画をとおして美味しいお酒を知って頂きたいと思っています。
ホームページはこちらです
仲沢酒店 店長 仲澤賢一
(社)日本ソムリエ協会認定
シニアソムリエ
SSI 認定 きき酒師 
ワインスクール
高崎ワインアカデミー開講中

月別アーカイブ