FC2ブログ

記事一覧

マフィアランチに参加しました

シックス・バー月例のマフィアランチです!

昨年の5月以来の参加になります。
参加者は9名、ワインに詳しい論客が揃いました。

ランチなので13時30分スタート
水曜日の昼間にワイン会ですが、私は定休日なので楽しんじゃいます(^^)

今日は完全ブラインドなのでドキドキです!


1.ブリュット・ミレジメ・ヴィーニュ・アンシエンヌ1999ピエール・カロ

最初は泡
シャンパーニュだろうということで意見は一致。
かなり厚めのボディ、イースト、熟成のニュアンスもある。
余韻も長く深い味わい。
ブラン・ド・ノワールのノンヴィンテージの熟成したもの、と結論しましたが
先ず「ヴィンテージは?」と聞かれいきなりはずれ(^^;)

ヴィンテージなら1999年くらいの熟成かなといったところで正解。
葡萄はブラン・ド・ブランということでシャルドネ。

正反対でしたね。シャンパーニュは奥が深い。
とても美味しいシャンパーニュでした!

ブリュット・ミレジメ・ヴィーニュ・アンシエンヌ1999ピエール・カロ
ブリュット・ミレジメ・ヴィーニュ・アンシエンヌ1999ピエール・カロ


2.ブルゴーニュ・グラン・オルディネール2002ポンソ・マグナムボトル

やや黄色が強い色調。
香りには熟した果実、黄桃、あんず
少し熟成感を感じる
樽を強めに使用しているのか、バニラやローストの香り。
冷涼感と硬質なミネラルを感じ、全体の厚味にかけるような気がしてシャルドネはかってに除外。
香りに華やかさもあり、冷涼な産地でつくられたヴィオニエ。
スペイン、新世界などいろいろな意見が出ましたが
正解は「ブルゴーニュ」
ポンソのマグナム。う~ん。
難問でした。

時間が経つとアリゴテ的な酸を感じます。
ラベルにもシャルドネと書いてありますが、グラン・オルディネールということで
多少はアリゴテが入っているのかもと想像。

ブルゴーニュ・グラン・オルディネール2002ポンソ・マグナムボトル
ブルゴーニュ・グラン・オルディネール2002ポンソ・マグナムボトル


もちろん川岸さんの美味しい料理がワイン会を引き立てます。
なんて豪華なランチ、至福の時間です(^^)

P1000409_20120126164838.jpg
マフィアランチ
マフィアランチ


ここから赤ワインです。
3種類の赤ワインがグラスにつがれます。

なぜか私の1つはブラックグラス(^^;)

マフィアランチ

3種類に共通している葡萄品種は「ピノ・ノワール」ということで全員一致。
産地もブルゴーニュで間違えないだろうと言うことで全員一致。

ではブルゴーニュの産地はどこかということに話は集中します。


私の意見は
モレ・サン・ドニ、シャンボール・ミュジニ、ジュヴレ・シャンベルタンあたりのワインの比較
ヴィンテージ2005年

3のワインはACブルゴーニュの良い物か村名
4はシャンボール・ミュジニのかモレ・サン・ドニのプルミエクリュ
5はジュヴレ・シャンベルタン

で、正解は

4.カレラ・ジェンセン・ピノ・ノワール2006 カリフォルニア

それほど力強いイメージはなく、良い年の暖かさを感じたので2005年のブルゴーニュをイメージしましたが
ジェンセンとは!
カリフォルニアはまったく想像していませんでした。

カレラ・ジェンセン2006

4.オー・ボン・クリマ・イザベル・モーガン2006 カリフォルニア

素晴らしい香り
暖かみがあり、豊かな森の中に日が差したようなおおらかなイメージ。
芳醇な香り、酸とタンニンも溶け込んでいてまろやか。バランスが素晴らしい。
豊かな気持ちになる素晴らしいワイン。

良い生産者のシャンボール・ミュジニのかモレ・サン・ドニのプルミエクリュを
想像しましたが見事にはずれ。

見事にはずされました。
はずれても楽しい素晴らしいワインでした。

オー・ヴォン・クリマ・イザベル・モーガン2006


5.ジュヴレ・シャンベルタン・クロ・タミゾ2006ドメーヌ・ピエール・ダモア

この3つで唯一当たったのがこのジュヴレ・シャンベルタン
上品な果実香と樽香のバランスがとても綺麗で上品。
酸もシャープな印象があり、北の産地を思わせる。
優雅さをもつ見事なワイン。

ジュヴレ・シャンベルタン・クロ・タミゾ2006ドメーヌ・ピエール・ダモア


鴨のロースト・赤ワインソースと下仁田ねぎ

ボリュームもたっぷり、とても美味しい鴨と甘いねぎ
大満足の逸品でした。

マフィアランチ


まだまだブラインドが続きます!

6.サン・ジョセフ・ルージュ・レ・グリジエール2004アンドレ・ペレ

色は明るいルビー色。
またまたピノかいった感じですが、香りの第一印象がスパイス。
もしかしたら「シラー」
シラーの北の産地コート・ロティをイメージ。
グラスを回していくと、スパイスから赤い果実へ
ピノ・ノワールかなと心が動く。
黒土と酸の重量感からピノ・ノワールだとしてもコート・シャロネーズ。

第一印象が近かったですね。
コート・ロティの南に広がるサン・ジョセフ、シラー100%でした。

シラーもとても繊細なワインに仕上がりますね!
とても良いワインでした。

サン・ジョセフ・ルージュ・レ・グリジエール2004アンドレ・ペレ
サン・ジョセフ・ルージュ・レ・グリジエール2004アンドレ・ペレ


7.ル・プティ・シュヴァル2004サンテミリオン

今日のメインは実はこれでした。
このワインだけは予告されていたのでオープンです。

サンテミリオンのプルミエ・グラン・クリュー・クラッセAのシュヴァル・ブランのセカンドワインです。

いままでの赤ワインとは違う、深く重厚な香り。
ブラックベリー、濃厚な果実、バニラやインク、豊かな黒土
とても密度が濃く、そしてきめの細かな甘味のあるタンニン。
見事なバランスで様々な要素が溶け込んでいます。
完成度の高いボルドーワインの美味しさを堪能できます。

ル・プティ・シュヴァル2004サンテミリオン

とても楽しい素晴らしいワイン会でした。
料理の用意をしながら進行して頂いた川岸さんに感謝ですね!

ワインの楽しさをあらためて感じました。
ありがとうございました。
また参加します(^^)

シックス・バーワイン会

コメント

大変お世話になりました!
皆さんの意見も大変勉強になりました。
それにこんなに楽しい会を主催していただいた川岸さんには本当に感謝ですよね。
シラー、ズバリ! すばらしい!
それに写真がとっても上手に撮れてます!
6日の日本酒の会も楽しみですね!

シラー、当たったのは凄いです!
さすが先生、お見事でした(^^)

シャンボールだと思ったAU BON CLIMATに恋してしまいました。
是非お店に置いてください(^^)

真昼のブラインド

川岸さんの術中にはまり、外しまくったブラインドでしたが、ジュブレとローヌを当てた仲沢さん、流石です。

腕利きホストの美味しいお料理、NG張りの素人フォトグラファー、美人ワインエキスパートトリオと、3拍子揃った素敵なワイン会ですので、次回も何とかして参加させて頂きたいと思います。 

Re: タイトルなし

楽しかったですね。いろいろ勉強になりました。
写真も(^^)
また参加しましょう。

Re: タイトルなし

たまには尊敬してくださいね(^^)
AU BON CLIMAT美味しかったですね~
もちろん取り扱いますよ!

Re: 真昼のブラインド

ほんと術中にはまってしまいましたね。
素晴らしいワイン会でした。また参加しましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

Six Barさんの「マフィアランチ」に参加してきました

高崎の老舗「Six Bar」さんが定期的に開催している「マフィアランチ」、昼間のワイン会に参加させていただきました。午後の1時半から、オーナーの川岸さんのセレクトのワインと、ワ ...

プロフィール

けんさん

Author:けんさん
こんにちは!群馬県の高崎で酒屋をしています。ワインセミナーやワインパーティ、酒蔵バスツアーなどの企画をとおして美味しいお酒を知って頂きたいと思っています。
ホームページはこちらです
仲沢酒店 店長 仲澤賢一
(社)日本ソムリエ協会認定
シニアソムリエ
SSI 認定 きき酒師 
ワインスクール
高崎ワインアカデミー開講中

月別アーカイブ